解決事例

【離婚】離婚を拒否するモラハラ夫と別居。生活苦を乗り越え離婚を勝ち取った事例

事案

夫から日常的に繰り返されるモラハラ。夫を怒らせないように静かに暮らす日々。
「このままではいけない」との一心で、何とかお金を工面して子供と一緒にアパートへ転居。
その後、一人で離婚調停を申し立ててみたものの、離婚に応じない、別居後の生活費を渡さない夫。
ついには現状の生活もままならなくなり、離婚と経済的救済が必要となったA子さんの事案です。

結果

調停で離婚が成立。別居期間中の生活費と離婚後の養育費について、
妻(A子さん)の主張する金額の満額の支払いが認められました。

ポイント

生活保護を優先

まずA子さんの経済的な支援が急務でした。しかし、正式な離婚が成立していない別居期間中は、実質の経済状況が母子家庭と変わらなくても、母子としての公的支援は受けられません。その点、生活保護は離婚の有無を問わず、世帯の経済状況を加味して判断してもらえるため、別居後の妻子の収入状況等によっては認めてもらうことができるのです。本事案では、 早急な生活保護申請と市役所の協力もあり、受給が早期に行われ、A子さん妻子の生活を守ることができました。

婚姻費用」の請求

次に、新たに婚姻費用分担請求調停を申立て、離婚の話し合いに先行して婚姻費用の支払いを求めました。この手続きはもちろん生活の安定の意味もありますが、離婚を拒む夫にとっては、別居した妻の生活費を負担し続けなければならなくなりますので、離婚を決意させる効果も持つのです。

なお、調停では相手方より「生活保護を受給しているのだから、婚姻費用を支払う必要はない」「生活保護の受給額を妻の収入額として計上しろ」などといった反論が出ました。
しかし、生活保護費は、民法に定める扶養義務者の扶養等に劣後して行われる生活保障制度ですから、婚姻費用を算定するにあたり、生活保護の受給を妻の収入として考慮されることはありません(名古屋高決平成3年12月15日)。
当然、裁判所も審判において生活保護費をA子さんの収入として算定しない旨を宣言し、無事に生活費額が取り決められました。A子さんはこれを受け、同時に夫は離婚にも応じる結果に。最終的には審判にて、養育費についてもA子さんが主張する全額が認められるに至りました。

事件後記

晴れて手当を受けながら、子供と再出発をすることができたA子さん。この件を通して、A子さんとは事件の話だけでなく、子供の話や再開した仕事のことなどを話しました。そのときの彼女の明るい笑顔から「人は前を向き続ける限り立ち直ることができる」 と改めて実感しました。


RELATED

  • 【親権】夫婦関係破綻の責任を押しつけられ、夫から離婚を要求されるも、親権を勝ち取った事例

    解決事例
  • 【慰謝料】婚姻後も交際をやめない夫から、高額な慰謝料を勝ち取った事例

    解決事例
  • 【財産分与・年金分割】生活の安定を求め、離婚に伴う財産分与と年金分割を要求。母子の平穏な生活を取り戻した事例

    解決事例
  • 【婚姻費用】別居中まさかの病気になるも、治療費の一部を夫に負担させた事例

    解決事例
  • 【認知】子に関心を示さず、DNA検査も拒否する父への認知請求が認められた事例

    解決事例
  • 【慰謝料】自らの不貞を省みず、夫婦関係の破綻を主張する夫に、慰謝料の支払いを認めさせた事例

    解決事例