DAYS

家計 について話し合おう<お金の今を知るということ>



“夫婦”と”家計”
は切って切り離せないもの


住宅

子ども

貯蓄

老後

なんでもお金の話がついて回る



では「お金の話」っていっても
具体的に何を話し合うのか?
何のために話し合うのか?


大切なことは

がむしゃらにお金を貯めることが必要なのではない
精神をすり減らしてまで節約することが大切なわけではない

ということ




お金の話

=(イコール)

現在の生活スタイル
将来の生活スタイル
を見つめなおすこと


今を
将来を
どう過ごしたいのか
つまり
何にお金をかけていくのか

それを決めること


使い道を二人で決めることが
一番重要
だと思っています。

でないと

とにかく貯蓄したい妻と
お小遣いが少ないと嘆く夫のように
互いの行動に対する不平不満が生まれてしまう。




話し合いの大切さを話すと

「お金の話をすると雰囲気が悪くなる」
「夫はお金の話になるとムスッとするんです。」

なんて声が聞こえてくる…

でも、ドラマ逃げ恥でもありましたが
夫婦は共同経営者=CEOだと思っています



私の友人がこんな名言を残しています


「お金の話をしてムスッとする経営者は破綻寸前の経営者だけ」




まままままままさに!!!笑
そうなんです

経営者はお金の話でムスッとはしません
そもそもお金を扱うことが仕事ですからね
ムスッとするくらいなら
経営者になるべきではないですよね


おっしゃる通り
ムスッとするのは
まさに破綻に瀕した
経営者だけかもしれませんね

いや
破たんに瀕しても
腐らずに頑張る
経営者の方が
多いとは思いますね




つまり
夫婦において
お金の話で
ムスッ
とすること自体が
おかしい

ということを
分かってほしいですね





話は戻しますが



次に

話し合いをするための事前作業として
重要なことが





今の収支状況の把握
お金の今を知るという作業



なんです。



何に
どれだけの
お金が使われているのか
それは自分たちが望む形になっているのか

まずはそこを検証するために

今の収支を知る作業が
なにより重要になります




けれども




え~
結局
家計簿でも書けってか?
家計簿の嫌いだ~

みたいな声が聞こえて来そうです(二度目の幻聴)





いやいや

先にも言った通り
家計簿はあくまでも前提作業
家計簿をつけることで終わりではないんです。

家計簿はスタートにすぎないんです


だから
そんな家計簿は
ちゃちゃちゃっと
仕上げるべきなんです



レシート集めて
鉛筆なめなめ
月に1回の集計作業??

そんな効率の悪いことしていたらだめです
そんな苦行は続きませんし
時間がもったいない





そもそも

家計簿は月に1回仕上げるのでは
その役割を全うできない

のです



家計簿は先ほどの言った通り
現状の収支を把握し
今後の夫婦の使い方を決める前提作業

でもあり




その後決めたことが実現できているのか
想定している通りの支出をコントロールするための
道しるべになるんです




そのために
家計簿から知るべき情報は

「今」

の情報

過去1か月どうだったのかという情報でなく
今いくら使っているかの情報が重要なんです


でないと
使いすぎをすぐさま修正できないですし
後から予算オーバーを知ったところで
あまり意味がないからです





すなわち
家計簿とは
それだけを作れば万事解決にはならないけど
かなり重要な役割を担うものなんですよね


だけど
これを作ることが
難しかったり
負担が大きいと


間違いなく
辛い


だからこそ
簡単に
分かりやすく
管理していくことが
何より必要なんです




しかも
現金
電子マネー
カード

決済手段が多様になっている現代


情報を集約することは
非常に難しい

現金だけの時代は
財布中身だけを見ればよかったのでしょうが

今はそうはいかないですよね





ただ
諦めないで!


このご時世

非常に有用なシステムが構築されており
横断的な情報集約機能があるアプリが
数多く作られています



私自身は
マネーフォワードME
を利用した家計管理をしていますが
これは本当に優秀です

スマホで 家計 を極める

知人友人や家族にも
積極的に取り入れることを
勧めています





実はやってみると
皆さん
案外
自分たちが思っている以上に
支出していることが多い
ということに気づきます

見えていない部分が
多いということですね



我が家では
これを取り入れてから
格段に生活の質が変わりました


使いたいところ
使いたくないところ


それが明確になりましたね


ちょくちょく
アプリを覗いては
現状の収支
を把握し

食費
日用品費
娯楽費
など
特に流動費
に関して想定予算との
調整を行っています



ここまで
家計簿が楽だと
いうことに
本当に感動しています



これは
一種の管理会計であり



大人には
普及するべき
知識
習慣
だと思っています

日本は
お金の教育が乏しいですよね…
身近な”家計”ですら
浸透しきれていない気がします


そして
お金の教育としても
普及するべきもので
将来
自分の娘にも
早くから
このような
管理方法を
習得させたいと思っています






今日から
始めてみませんか??

生活を
見つめなおす

いい機会になりますよ


2021年11月02日




ひとつや香織 ホームページはこちら↓↓↓
https://tenjin-law.com/
天神法律税務事務所 ホームページはこちら↓↓↓
http://www.tenjin-law.jp/


RELATED

  • コロナ

    DAYS
  • 弁護士選びの難しさ

    DAYS
  • 養育費・婚姻費用算定基準の改定

    DAYS
  • もっと話したいあの事件①

    DAYS
  • 英会話での一コマ

    DAYS
  • 別居中の生活費は支払ってもらって当然!

    DAYS