DAYS

夫婦別姓 について思うこと



“夫婦別姓”について
自分なりに思うことを
つらつら述べたいなと思います

あんまり小難しいことも書きませんし

法律的なことも一切書いてません笑

結論からいうと
私は夫婦別姓という選択肢が増えることには
賛成です。

日本は
結婚という形が
あまりにも硬直的すぎる
とさえ思っています。






私自身の結婚のタイミングでは
やはり自分の名字を変えることには
抵抗がありました。



結婚して
名字が変わることに対して
ワクワクする気持ち何ぞ
微塵もありませんでした




ふと
そういえば

昔私が高校生頃
彼氏ができると
彼の名字と自分の名前をあててみて
楽しんでいた女の子たちがいたことを
思い出した


その頃
何が楽しいのかわからなかったけど
(そんなもん別れるだろうよと考えてひねくれていたのもありますが笑)




やっぱり
自分の結婚のタイミングになっても
ワクワクはしなかったし
煩わしいとさえ思ったので


夫に
クジかジャンケンで決めようと
言ったくらいです



話し合いの結果
私が譲る形になりました。

理由としては
・私の名字と夫の下の名前とを合わせると
 語呂が良くない
・私は弁護士としては旧姓使用になるので
 公的にも「ひとつや」という名字は生きていくこと

私は結婚によって名字を2つゲットしたような状況になること
そんなところでしょうか

私には名字に対する深い想いまではなかったので
これくらいの話し合いで済んだ
というところもありますし

やはり公的には「ひとつや」を使い続けることも
私が譲歩できた大きな理由になっていたのだと思います


夫婦別姓 をジャンケンで決する




さてさて、
私からクジやジャンケンで決めようと
言われてしまった夫の反応ですが



それはそれは
うろたえていましたよ

どうしても
名字は変えたくない
という
訴えでした


親にどう説明したらいいか

そんな発言もありましたね。

「男子たるもの」
そのようなところでしょうか




でもそれは
「相手方も同じ気持ち」
だということを

忘れてはいけないですよね


自分が嫌だと感じるのであれば
パートナーも同じような気持ちかもしれない
そう想像する気持ちが欠けてないか
今一度考えてほしいですね。




結婚してワクワク!
妻になってワクワク!

そんな幻想を女性が抱いていて
喜んで名字を変更している!



なんて男性が考えたとすれば
それは単なる思いあがりでしょう




女性が名字を変えることを当たり前だと思わず
しっかり相手に気持ちや意見を言い合って
夫婦の在り方について考えて話し合うきっかけになってほしいと思う



私のように
名字変えるの煩わしい!という感想だけでなくて



中には
自分自身を喪失したような感覚に襲われた
自分自身のアイデンティティを失った

そんな辛い気持ちになる人すらいる


他にも家の事情で
名字が変えられない人もいる




誰かと一緒に生きていきたいという気持ちを
制度で排除するのではなく
制度で支えてあげられる
世の中になればいいと思う。






今日、この記事を書くきっかけになったのは
ある年上の男性の方とこの制度についてお話をしたことでした。

彼は別姓に反対されていました

ただ、私から
今日奥様とジャンケンをされて
負けたら名字を変える
そういうルールになったとして
ご自身が負けたら
すんなり名字の変更はできますか?


と聞くと
「う~ん」
と唸っていました。


2日後には
慣れた
と思えますか?

と聞くと


「たぶん無理だと思う」


とおっしゃられていました。
凄く素直な感想ですよね。




ただ、私は反対するのだとすれば
その痛みや不快感を理解した上での議論であるべきだと思う

仮に、今日から制度が変わって女性と男性の姓を交代します!って制度ができたとすれば
こぞって反対を叫んでいた人が、自分の姓が恋しくなって”夫婦別姓”を叫びだしたりしてね


あ、余談ですが

昔取り調べの全面可視化を反対していた検察のお偉いさんが
自分が逮捕される立場になって
全面可視化するように警察に訴えていたっけな。





今は未婚率も増え
少子化が進む日本において
結婚という制度がより柔軟になっていくことは
必須だと思う

そんなことを思った徒然な今日でした。

2021年10月27日



ひとつや香織 ホームページはこちら↓↓↓
https://tenjin-law.com/
天神法律税務事務所 ホームページはこちら↓↓↓
http://www.tenjin-law.jp/


RELATED

  • マスクの辛い時期がやってきました。。。

    DAYS
  • 家計 について話し合おう<お金の今を知るということ>

    DAYS
  • 必要ですか?「お金を稼ぐ方は家事をしなくていい」という夫

    DAYS
  • いかがお過ごしでしょうか?

    DAYS
  • 謹賀新年

    DAYS
  • もっと話したいあの事件②

    DAYS