解決事例

【慰謝料】妻の不貞行為で離婚後、育児と仕事を両立させた夫に多額の慰謝料が認められた事例

事案

依頼者Aさんは妻と結婚。二児を授かり、幸せな日々を過ごしていた。ところがある日、妻の浮気が発覚。働きながら家事や育児もこなす依頼者をよそに、妻はそれらを放棄するばかりか、依頼者より預かった生活費の一部を自らの不貞行為のために費消。そんな妻と離婚した依頼者が、不貞行為の相手に対し、慰謝料の賠償額を争った事案です。

結果

不法行為に基づく損害賠償請求訴訟において、夫への慰謝料を400万円とする支払和解が成立しました。

ポイント

妻との清算を先行

今回の事案は、真面目に働き幸せな家族生活を維持しようと励んでいた依頼者はもちろん、何も知らない子たちの気持ちまでを欺いた妻の不貞行為が元凶です。まず依頼者は、私のサポートのもと妻と協議離婚し、子の親権も取得しました。その次の段階として、不貞行為を続けている浮気相手に対し、訴訟を提起しました。

詳細な記録により裁判所が依頼者を全面的に支持

争いにおいて、二人の不貞に関する通信記録が見つかったことで、裁判では妻と浮気相手の交際が長期間に渡っていたこと、さらに妻は浮気相手の子を妊娠し堕胎していた事実など、その他数々の身勝手な行動の立証に成功。それらの行為が極めて悪質であることが重視されました。
このように、本件は違法行為の裏付けを我慢強く収集し、その詳細な立証に成功した事案でした。
その結果として、通常の不貞行為の水準を超える400万円という多額の慰謝料の支払和解が成立したものと考えます。

事件後記

依頼者は家族生活を支える大黒柱でした。しかし妻が不貞行為にかまけ、家事や育児を放棄。その全ての負担を強いられたことでうつになり、極度の体調不良に陥りました。職場で期待されていたにもかかわらず、家事や育児に追われたため出世の道も閉ざされ、受けた精神的苦痛ははかり知れないものがありました。
事件後も、育児をしながら一生懸命仕事に励んでいるAさん。育児と仕事の両立は本当に大変だなあと思う一方で、むしろはつらつとしたAさんの生き様に強く心を打たれました。真面目に努力をしている人を不幸に陥れるようなことがあってはなりません。そんなAさんの姿を見て、私自身も少しでも多くの人のお手伝いをし、ともに幸せを勝ち取っていくべく、決意を新たにできた事例でした。


RELATED

  • 【婚姻費用】別居中まさかの病気になるも、治療費の一部を夫に負担させた事例

    解決事例
  • 【親権】夫婦関係破綻の責任を押しつけられ、夫から離婚を要求されるも、親権を勝ち取った事例

    解決事例
  • 【慰謝料】自らの不貞を省みず、夫婦関係の破綻を主張する夫に、慰謝料の支払いを認めさせた事例

    解決事例
  • 【養育費】緻密な金額算定の提示により、休職中を理由に拒む相手方から養育費の支払いを勝ち取った事例

    解決事例
  • 【財産分与・年金分割】生活の安定を求め、離婚に伴う財産分与と年金分割を要求。母子の平穏な生活を取り戻した事例

    解決事例
  • 【慰謝料】婚姻後も交際をやめない夫から、高額な慰謝料を勝ち取った事例

    解決事例