解決事例

<親権>妻が他の男性と親密な関係になり、夫が離婚と親権を要求するも、妻が子の親権を取得した事例

事案

家にいても家事はしない、子供と向き合いもしない。
そんな夫との生活を「ただ寂しかったんです」と振り返るC子さん。
次第に夫への不信感と孤独感をつのらせていき、出会い系サイトでひとりの男性と親密に連絡を取り合うように。
実際に会って不貞行為に及ぶことはありませんでしたが、二人のやりとりが夫に発覚。夫はC子さんに子育てをする資格などはないとして離婚と親権の主張し、調停では双方親権を争った事案。

結果

調停にて子供の親権者を妻とする離婚が成立

ポイント

子どもの転校などの環境調整、婚姻費用の請求

なによりも子供の生活環境を整えること、母子の生活を安定的なものにすることを最優先に動きました。
このことが、C子さんのメンタルにも、調停にも有利に働きました。
最終的には調停委員より夫の生活状況からすれば、子供を育てるだけの時間をかけられる余裕もなく、また母において十分な安定的養育ができていることを理由に、今後争っても親権取得は難しい旨の指摘があり、夫は親権をあきらめざるを得ませんでした。

事件後記

真面目な人ほど、自分を責めがち。自分を信じて一緒に戦ってほしい

例え不貞行為や有責行為の配偶者であっても、親権を取得することは可能です。
本来、夫婦間の問題と親子間の問題は、別の問題として議論されるのです。
一方で、昔のように「親権が母親であるべき」という思考は、家族のありかたが多様化する中で変化しつつあります。
そのため、母親の立場であったとしても「過信」せず、子どものためにベストな環境を考えた時、果たして親権はどちらにあるべきなのか、を冷静に判断・対応、そして準備することが必要です。


RELATED

  • <婚姻費用>別居中の妻が病気に…治療費の一部を夫側に負担させた事例

    解決事例
  • <財産分与・年金分割>生活苦から抜け出すため、妻より離婚に伴う財産分与と年金分割を要求し、平穏な生活を取り戻した事例

    解決事例
  • <慰謝料>夫が婚姻前から他の女性と交際。婚姻後も継続したことが判明し、高額な慰謝料が認められた事例

    解決事例
  • <離婚>夫からのモラハラ、離婚拒否。妻が別居後の生活苦を生活保護で乗り切り、離婚を勝ち取った事例

    解決事例
  • <認知>子の父なのに責任を果たそうとしない。DNA検査を拒否する元交際相手への認知請求が認められた事例

    解決事例
  • <慰謝料>夫が妻との別居後に女性と交際。夫は夫婦関係が破綻を主張するも、妻が不貞の慰謝料の支払いを受けた事例

    解決事例