解決事例

<慰謝料>夫が婚姻前から他の女性と交際。婚姻後も継続したことが判明し、高額な慰謝料が認められた事例

事案

夫は、依頼者と交際する前から他の女性と肉体関係になり、その関係を断ち切らないまま、依頼者と結婚。しかし、結婚後も夫はその女性との関係を継続。何も知らない依頼者は仕事をやめるなど結婚準備を進めていたが、その後、夫と女性の関係が発覚。主には慰謝料などの賠償額が問題となった事例

結果

離婚訴訟の判決において、夫から妻へ慰謝料500万円を命じられ、離婚までの生活費などを含めると約800万円の支払いを受けることができました。

ポイント

妻の会社の退職が慰謝料の加算事由に

今回の事案は、人として、女性としての尊厳を激しく傷つける行為を行った夫の賠償額が問題となったのですが、当初夫側は200万円程度での解決を希望。しかしながら、本件は結婚前から女性と肉体関係にあったにもかかわらず、それを秘して依頼者と交際、結婚に至ったという事実のほか、また転勤を避けるべく妻は仕事を退職したこと、またその決断にあたっては夫も相当程度関与していたことの立証に成功し、通常の不貞行為事件の水準を大きく超えた500万円の慰謝料の支払いが認められました。最終的には、別居期間中の生活費などを含めて、約800万円の支払いを受けることができました。

婚姻費用の請求

別居期間中にも生活費である婚姻費用を請求することができます。本件も、依頼者は別居後より生活費を受け取り、離婚が成立するまでの間の生活費を合わせると、合計800万円程度の支払いを受けることができました。

事件後記

本件は金銭面でも依頼者の納得いく解決に至ったことが非常にうれしかったのですが、この事件以降、次の人生のために、資格を取得するなど前向きに進んでいく依頼者の姿に、私自身、本当に励まされました。お近からになれたことを心より感謝した事例でした。


RELATED

  • <慰謝料>夫が妻との別居後に女性と交際。夫は夫婦関係が破綻を主張するも、妻が不貞の慰謝料の支払いを受けた事例

    解決事例
  • <財産分与・年金分割>生活苦から抜け出すため、妻より離婚に伴う財産分与と年金分割を要求し、平穏な生活を取り戻した事例

    解決事例
  • <離婚>夫からのモラハラ、離婚拒否。妻が別居後の生活苦を生活保護で乗り切り、離婚を勝ち取った事例

    解決事例
  • <認知>子の父なのに責任を果たそうとしない。DNA検査を拒否する元交際相手への認知請求が認められた事例

    解決事例
  • <婚姻費用>別居中の妻が病気に…治療費の一部を夫側に負担させた事例

    解決事例
  • <親権>妻が他の男性と親密な関係になり、夫が離婚と親権を要求するも、妻が子の親権を取得した事例

    解決事例