解決事例

<認知>子の父なのに責任を果たそうとしない。DNA検査を拒否する元交際相手への認知請求が認められた事例

事案

依頼者が交際相手との間で子供を妊娠。交際相手とは話し合いの末、結婚はせず、シングルマザーとして育てることに。その後、子供の認知養育費の支払いを求めたところ相手方がそのどちらも拒否したため、認知請求及び養育費請求をした事案。

結果

判決により認知請求が認められた上、養育費について、受任当初に請求した時点まで遡って支払うことが認められた。

ポイント

DNA検査の拒否への対抗

今回の事案は、当初認知調停から始まりましたが、男性側がDNA検査を頑なに拒否し、認知を認めなかったため、認知訴訟に発展しました。もちろんDNA検査の結果があれば親子関係の立証は簡単にはなりますが、DNA検査がない場合でも、妊娠当時の当事者の関係や妊娠する可能性がある行為を行ったか否か、また当事者間の子供であることを裏付けるその他の事情を立証することで、親子関係を証明できます。現に本件では尋問の中で妊娠当時、当事者が交際し、性交渉の際には避妊をしていなかったことなどを数々の裏付け事実を積極的に立証することに成功。また、DNA検査を拒否するという態度それ自体も、子供が男性の子供であることを裏付ける事情として考慮され、無事に認知の判決を得ることに成功しました。

速やかな養育費請求

今回は受任当時に速やかに相手方に対し、認知請求のほかに、養育費の請求を行いました。というのも、認知請求が認められてから養育費の請求を行ったのでは、認知されるまでの過去の養育費を遡って請求できない可能性があったためです。(家庭裁判所では、過去に遡ることができる範囲を、養育費を「請求したとき」までとするのが一般的なのです。)結果的に、認知判決後に実施された養育費調停においては、当初養育費を請求した時点から遡って支払うことが認められました。

事件後記

今回は相手方が頑なに認知を認めなかったことから訴訟にまで発展しましたが、上記のようにDNA検査をしなくても親子関係は認められます。養育費は子供の生活だけでなく将来の教育費などのためにも重要な資源です。まずはあきらめず対応することが大切です。


RELATED

  • <親権>妻が他の男性と親密な関係になり、夫が離婚と親権を要求するも、妻が子の親権を取得した事例

    解決事例
  • <慰謝料>夫が婚姻前から他の女性と交際。婚姻後も継続したことが判明し、高額な慰謝料が認められた事例

    解決事例
  • <慰謝料>夫が妻との別居後に女性と交際。夫は夫婦関係が破綻を主張するも、妻が不貞の慰謝料の支払いを受けた事例

    解決事例
  • <婚姻費用>別居中の妻が病気に…治療費の一部を夫側に負担させた事例

    解決事例
  • <離婚>夫からのモラハラ、離婚拒否。妻が別居後の生活苦を生活保護で乗り切り、離婚を勝ち取った事例

    解決事例
  • <財産分与・年金分割>生活苦から抜け出すため、妻より離婚に伴う財産分与と年金分割を要求し、平穏な生活を取り戻した事例

    解決事例